« ショソン・オ・ポム | トップページ | フランスのパンの買い方 »

Art de pain

私が滞在していたアルザスで一番おいしいと思った
パン屋さん。
オーナーはMOF!
日本にも、ドンクの経営で新横浜にお店があります。

幸運にも、このお店のアグノー店で
スタージュをすることができました!

ここではAlsepiという、アルザスでとれた小麦粉を使ってます。
ちょっと高いみたい。
だから、パンもちょっと高い。
とはいえ、東京のパンに比べればやすいもの!

237 これは、
「パン・ア・ラ・ビエール」。
ライ麦入りの生地の上に、
ビール入りのMassをのせて
焼いたもの。
ふんわり軽いけど、香ばしくて
大好きなパンの一つ。
アルザスならではのパンのひとつでも
あります。






907 バゲットたち!
パンは主食なので、売れる量も
ハンパないです。
このバゲットも絶品。
これこそ、アルザス1だと私は
思ってます。
何がちがうのかというと・・・・・・
店長が企業秘密だと言っていたので、
ここでは書きません。
ごめんなさい。
ちょっとびっくりしたのは、
焼き色が思ってたほど濃くないこと。
そう、思いません?
この3倍くらいのバゲットを毎日焼くので、
分割→成型は機械がやってくれます。
バゲット成型の機械はフランスでは大体どこのお店にもあるそう。
日本にバゲットを成型する機械があるのは、ドンクくらいじゃない?
って、日本人のパンやさんが言ってました。

901 これは、「ジャポネ」というケーキ。
メレンゲと、カフェ風味のバタークリームという、とーっても甘いものですが、
ヘロヘロになった仕事のあとに、
ものすごく食べたくなって、
よく食べてました。

なつかしい・・・・・

このほかに、前回書いた
「ソーソン・ポム」も絶品なんだけど、
うっかり写真撮るのわすれちゃいました。

残念!

お店のHPをみつけました。コチラ
この動画を撮影してるとき、まさにお店でクッキー作ってました!
音をたててはいけないっていわれたけど・・・
そんな必要なかったじゃん!

|

« ショソン・オ・ポム | トップページ | フランスのパンの買い方 »

パン-海外」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。