« 穀蔵 | トップページ | BOURANGERIE VERGNE »

プージョランは・・・

Bonne Annee!

料理通信11月号のプージョランの記事を誤読してパリまで行ってしまった。
2003年、プージョラン氏は日本に移り住む予定もあり、店を売却した。が、その契約は、3年間は一切自分の名前をパンの小売店として使用できない、メディアへの登場も禁じられたものだった。結局、日本への移住には至らず、名を出さずに地下でレストラン向けのパンを焼いていた。そして2006年秋、3年が経ち、晴れてプージョランの名を取り戻した。という記事を、プージョランがお店を取り戻した!と勘違いしてしまった。

_2844 ジャン・ニコ通り20番のお店はSECCOのまま。店員さんにきいても、プージョランはもうないよ、と言われるし。一応、クロワッサンとレザンノアを買ってみたが、3年前の春に食べたプージョランのものとは全く違う・・・といえる程覚えていないのだけど、やはりプージョランじゃないというショックが大きく、普通においしかった、って感じ。

隣に張り紙をした扉のうえに、青地に白字でJL.Pの看板。この地下でプージョラン氏はホテル向けのパンを焼いていたのだった。
一般人も買えるようになるといいな~。

その後、日本人のフレンチレストランで聞いてみたが、プージョランさえ知らなかった!パリのことは、日本人のほうが詳しいですよ、とのこと。

|

« 穀蔵 | トップページ | BOURANGERIE VERGNE »

パン-海外」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。